キャッシングができる金融機関について

即日キャッシングといえば今はテレビでも毎日コマーシャルを見ない日はありません。大手消費者金融は即日キャッシングができる貸金業者として有名ですが、最近は銀行でも積極的にキャッシングサービスを展開しています。

 

人気の最短即日キャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

銀行

銀行で扱っているキャッシングサービスはよくカードローンという名前で呼ばれている事が多くなっていますが、これはATMから限度額までならいつでも利用できるキャッシングサービスの事です。銀行によっては店舗に自動契約機を設置している場合もあり、さらに利便性が増してきている状況です。

 

消費者金融

キャッシングと言えばまず思い浮かぶのは消費者金融かもしれません。全国の様々な所に店舗があり、無人の専用契約機は銀行などと違って郊外にも多くあるのが特徴です。誰にも会う事なく申し込みから審査、契約まで行って、キャッシュカードをその場で受け取る事ができます。一度契約してカードを入手すれば、コンビニやスーパー、各種銀行などのATMから自由にキャッシングを行う事ができます。

 

信販会社

銀行や消費者金融に比べると認知度が高くないかもしれませんが、クレジットカードや大手通信販売業者などもキャッシングサービスを提供しています。クレジットカードには、あまり意識せずにキャッシング枠をつけて契約している事もあり、いつでもキャッシングをできるという自覚のないままクレジットカードを利用している人もいます。

 

3つの金融機関に違いはあるのか

どの会社にキャッシングを申し込むとしても、申し込みで申告しなければならない内容はほとんど同じですし、本人確認書類の提出は必ずしなければなりません。審査の速さは消費者金融が早い傾向があり、特に問題がないのであれば30分ぐらいで結果が出ます。銀行系や信販系でもスピード審査が可能な場合もありますが、時間がかかってしまい当日中の審査が難しい事もあります。一律で審査が早いのはこの中では消費者金融でしょう。

 

大きな違いとしては、総量規制という貸金業法で定められたルールです。総量規制は消費者金融や信販会社に適用されるもので、顧客に貸し付けられるのは収入の3分の1までと明確に決まっています。そのため複数社での借り入れをしようとしたとしても、他社の借入額が多くて新規の申し込み希望限度額との合計が収入の3分の1を超えてしまう場合には、審査に通過できません。

 

その点銀行では総量規制には縛られない融資ができるので、必ずしも収入の3分の1までの融資とは限りません。また金利も他よりも安いのは大きなメリットです。それでも返済能力はもちろん必要になりますから、銀行独自の審査でしっかりと判断される事になります。

 

  • キャッシングは銀行、消費者金融、信販会社の3種類がある
  • 総量規制があるのは消費者金融と信販会社
  • 最終的には審査で返済能力を判断する事になる

 

まとめ

お金を借りたい人の状況によって、選ぶ方法はいろいろあります。急いでいるならば消費者金融がいいかもしれませんし、利息で選ぶなら銀行でしょう。多くの金融業者が多様なニーズに対応しているので、利用前によく比較してみるといいでしょう。

キャッシングへの申し込みの手順を紹介

キャッシング会社によって様々な申し込み方法が用意されていますが、代表的なのは以下の3通りです。

 

  1. 店舗窓口での申し込み
  2. 自動契約機からの申し込み
  3. インターネット申し込み

 

1の方法の場合、まずは利用したいキャッシング会社の店舗に行って申し込み手続きを行わなくてはなりません。しかしキャッシング会社の支店数は限られており、近隣に店舗がない場合も珍しくありません。また、近隣に店舗があっても、お店に入って行く様子を誰かに見られる懸念もある為、やはり敬遠する方が多いようです。

 

迅速な対応や手軽な手続き方法等を鑑みた場合、やはりお勧めなのは(2)の自動契約機からの申し込みと(3)のインターネットを利用した申し込み方法でしょう。

 

自動契約機とインターネットはどっちが良い?

2の自動契約機からの申し込みのメリットは、その場ですぐにローンカードが発行されるという点です。ローンカードがあれば、専用のATMや提携銀行のATMからすぐに現金の借り入れができるようになります。しかし、自動契約機から申し込みをした場合、審査結果が出るのをその場で待たなくてはなりません。最近のキャッシング審査は1時間未満で完了するケースが多いですが、その場で待つとなると、やはり少々面倒に感じてしまう点は否めません。

 

3のインターネットからの申し込みは、パソコンやスマホ等からいつでも手軽に申し込めるのが魅力です。しかし、インターネットから申し込んだ場合はローンカードが自宅に郵送されて来るのを待たなくてはならなかったり、振り込み融資でないと即日融資が利用できなかったりといったデメリットもあります。

 

最も手軽で理想的なのは、2と3を併用した申し込み方法です。まずインターネットの専用フォームから申し込みを行い、審査結果を確認してから自動契約機で手続きを行うのです。こうすることで自動契約機での待ち時間を短縮し、その場でローンカードの発行を受けることも可能になります。自動契約機は土日や夜間も営業している場合が多いので、利用時間が制限されにくいという利点もあります。

 

  • 代表的な申し込み方法は3種類
  • 自動契約機とインターネット申し込みは、それぞれに大きなメリットがある
  • インターネット申し込みと自動契約機の併用で手軽なキャッシング

 

キャッシングの手軽な申し込み方法

キャッシングをより手軽で迅速に利用する為には、インターネットと自動契約機の併用が効果的です。自動契約機の利用を誰かに見られてしまうのが心配な場合は、インターネットだけで契約手続きが可能なWEB完結を利用するのもお勧めです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴