家族の目に要注意、キャッシングの痕跡を消すポイントとは

キャッシングの利用を家族に内緒で行いたいという人も多いことでしょう。しかし申し込みを秘密裏に終えたとしてもキャッシング利用を続けるうちに家族に疑いの目を向けられるような行動を取ってしまったらすぐに秘密は露見してしまいます。そこでここでは家族に不審感を抱かせてしまうパターンのうち、代表的な三つを紹介したいと思います。

 

通帳を家族に見られてしまうというパターン

一つ目は通帳を家族に見られてしまうというパターンです。これは基本的なことですが家計を一つの通帳で一括管理している場合はほぼ間違いなくバレてしまうと考えておきましょう。返済をインターネットバンキングでの振り込みやインターネット手続きによる口座振替で行うのは、外出する必要もなく全てをこっそりと終えることができるのでバレるはずがないと思う人もいるかも知れませんが、インターネットでのお金のやり取りは何もかも通帳に出入金の記録が記載されてしまいます。

 

その取引記録が残った通帳を見れば誰でもキャッシング利用の事実に気づいてしまうことでしょう。ですので通帳を家族で共有していたり、自分以外の親や配偶者などが通帳管理をしている場合はインターネットでの取引は避けるべきでしょう。通帳への取引記載を避けるためにはATMで返済作業を行いましょう。明細書がその場で発行されるために通帳に記録が残る心配がありません。

 

ローンカードが見つかってしまうパターン

ローンカードが見つかってしまうパターンが考えられます。カードはキャッシング利用時の他には使わないのでついうっかり放置してしまい家族に発見されるケースは珍しくありません。また財布のなかに他のキャッシュカードやポイントカードなどと一緒に入れておいた場合も、レジでの支払い時などにローンカードを見られてしまう危険があります。

 

ローンカードを大切に管理すること、肌身離さず持ち歩くことは重要ですが、それでも家族にカードを見られてしまう可能性を完全に排除するのは難しいことでしょう。カードを家族に見られてしまう心配が最初からわかっているのなら、キャッシングには銀行カードローンを利用する手があります。銀行カードローンには通常のキャッシュカードにカードローン機能を追加するといった商品もあり、これならば見た目に普通のキャッシュカードと変わらないためにたとえ家族に見られても不審に思われることはないでしょう。

 

返済遅延で会社から連絡が来るパターン

三つ目はもっとも深刻なパターン、返済が滞ってしまいキャッシング会社から連絡されてしまうケースです。返済期日を過ぎても入金が行われない場合、登録されている電話番号かメールアドレスに入金が確認できないという内容の連絡が行われます。この時点ではほとんどの人が携帯電話や個人のメールアドレスに連絡されるだけなので家族がその連絡を受け取ってしまう可能性は低いでしょう。すぐに入金作業を行えばそれ以上の連絡もありません。

 

それでも入金が行われなかった場合は、家の固定電話や勤め先に電話連絡が行われるようになります。ですがこの段階でも通常の会社であればキャッシング返済の催促をしていることを電話口で伝えることはまずありません。呼び出しは担当オペレーターの名前で行われるのが一般的です。

 

そして、更に返済を滞納し続けるとついに催促状や返済勧告書といった郵便物が自宅に送られてくるようになります。この郵便物に関してもキャッシング会社はプライバシーに配慮して堂々と会社名を表記することはまずしませんが、相手のわからない電話や郵便が度重なれば家族は間違いなく不審に思うことでしょう。

 

ですので、もしも期日を過ぎて返済の目処が立たないのであれば自分から正直にキャッシング会社に連絡を入れておくのが賢明です。会社側もそのような利用者の対応には手慣れていますので、利息だけでも支払うといった代替案を提示されることがほとんどです。大手の会社ならば利用者を恫喝するような対応は取らないので安心しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.04%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日